デザインスタジオウェブログ
置き紙見本帳

置き紙見本帳

文章はにがてです。仕事で「あなたの日本語だいじょうぶ?」っていうコピーを使いましたが、私の日本語もあぶない。日本語教師ではないのでお許しを。
今とっても迷うのが紙と色です。


--

日本の印刷ペーパーは覚えきれないほどの数です。おまけに廃品・復活・新製品が毎月。今の紙見本帳は昔ながらのままで、印刷会社に指示するのに便利なように、色版チップのようにしかつくられていません。この紙はこの名前。厚さは○○kgから○○kg。特徴と印刷の注意がちょろちょろ。私が知りたいのは、同じ印刷加工をしたらこの紙はどうなるのか、他のこの紙は・・・この紙は・・・です。それがぜんぜんわかりません。昔は校正機で数種類の紙で試すことが可能でしたが、今は価格面・設備面でも難しい状況です。ネット印刷所がつくっているペーパーごとの印刷見本を製紙会社につくっていただきたいです。特別本でつくっているのをときどきいただきますが、その時のみです。バインダー式にして置きグリコ?のように月1回新製品と廃品を入れ替え、情報を最新のものにする。会員制で。なんてどうでしょう。発色の違い、効果を比べて選びやすい紙見本帳、製紙会社のみなさんでてをつないでつくっていただけませんでしょうか?

旧コメント

コメントはありません。

Google Partners
大阪府産業デザインセンター 扇町クリエイティブクラスター JAGDA 日本グラフィックデザイナー協会