デザインスタジオウェブログ
よのなかのだいどころ

よのなかのだいどころ

エムシーシー食品株式会社の業務用のホワイトソースとデミグラスソースの缶を見てパッと連想したのはモーリス・センダックの「まよなかのだいどころ」でした。
MCC食品のマークなのだと思うのですが、コックさんが3人並んでいて、まるでまよなかのだいどころの雰囲気なのです。
MCCのサイトを見たのですが、マークについては何も書かれていませんでした。
子供たちが大好きだったセンダック。
業務用ですから小さい缶でも結構大きいのですが、つい買ってしましました。
ホワイトソースの紺もデミグラスソースの深いグリーンも良い色です。
サイトを見ると一般向けより業務用の方がパッケージデザインがいいのですが・・・業務用をメインに考えているのかもしれません。
まよなかのだいどころといえば、次男はいつも「よのなかのだいどころ」と言っていました。
小さい頃によのなかのだいどころと覚えてしまったのでしょう。
MCCは世の中の台所を目指しているのかも・・・なんて思ってしましました。


--

MCC食品

旧コメント

コメントはありません。

大阪府産業デザインセンター 扇町クリエイティブクラスター JAGDA 日本グラフィックデザイナー協会