デザインスタジオウェブログ
Webスタンダードとアクセシビリティ・ユーザビリティ

Webスタンダードとアクセシビリティ・ユーザビリティ

Webスタンダードとアクセシビリティ・ユーザビリティなどのお話です。

Web関連でネタ的な内容が続いてしまいましたが、ここでちょっと落ち着いた内容を投稿してみようと思います。


--

ウェッジでは官公庁のウェブサイトに関してご相談を受けたり、 アクセシビリティチェックをさせていただいたりすることがありますが、官公庁サイトの多くが以前とは比較にならない位進歩しています。
ウェッジの所在地でもある大阪市北区のサイトも、大阪市管轄となったようで、現在大阪市下各区のウェブサイトは高いレベルでのバリアフリーを実現しています。

ウェブスタンダードとユーザビリティ・アクセシビリティを推進する上で、官公庁や福祉団体の役割はとても大きいと思いますので、 その意味で今回の北区のウェブサイト全面リニューアルはとても意義のある一歩だと思います。弊社受注のお仕事ではありませんが... ^^;

Webスタンダードに従うことには、一般企業にとっても様々なメリットがあります。
W3C の勧告に基づいたWebサイトは一定のアクセシビリティ・ユーザビリティが自然に確保されますが、ビジネスサイトの場合、検索順位の上昇が一番大きなメリットになるのではないでしょうか。
検索サイトの結果は各ページに対してコンピュータが判断していますので、きれいで簡略なHTMLソースを準備すれば、それは検索サイトのコンピュータにも内容が理解しやすく、結果的にサイト順位の上昇にも繋がります。
人間が見る画面上のデザインだけでなく、正しい知識と技術に基づいたウェブサイトがこんなところで価値を発揮するのです。
ウェッジの制作事例で詳細をごらんいただいても分かるように、ウェッジで制作したウェブサイトはミドルキーワードでそこそこの順位をキープしています。
ウェッジはSEO業者ではありませんので、SEOに関する特殊な技術を使って順位を上げているわけではありません。
これはWebスタンダードに準拠したことによる副次的効果なのですが、特殊な施策やSEO業者に莫大な費用を支払わなくても、この程度の順位までは比較的容易に到達できるのです。
企業にとってもWebスタンダードに準拠することはアクセス数アップに繋がる手法として、積極的に取り組むべきではないかと感じています。
その結果、より多くの人にとってインターネットが快適な環境になれば素敵なのではないでしょうか。
(少々荒っぽい説明ですがSEO業者さんやWeb制作者さん向けの文章ではないので割愛させて下さい)

さて、そこで今回はSEO効果も期待できる、Webスタンダードに準拠するための便利ツールをご紹介したいと思います。
簡単な操作でWebスタンダードに準拠しているかどうか、ユーザビリティ・アクセシビリティをどの程度確保できているかを確認することができますので、利用してみては如何でしょうか。
より多くの人が快適に閲覧できるサイトづくり、環境づくりに意識を向けていただける機会になれば幸いです。
ウェッジでも必須ツールとして活用している物ばかりですので、 特に官公庁関係の方々や、障がい者向けのサイトを管理されている方々は、再確認の意味でチェックしていただければうれしく思います。

オンライン文法チェッカー

The W3C Markup Validation Service

元祖W3CのHTML文法チェッカーです。
このツールで Valid と評価されない HTML は、厳密には HTML と呼べません。
必ず Valid を取得するようにしましょう。
Webページの URL を入力するだけで簡単に評価チェックができます。
The W3C Markup Validation Service

CSS Validation Service

W3CのCSS文法チェッカーです。
こちらも Valid 取得が大前提です。
CSS Validation Service

Another HTML-lint gateway

エラーの説明も日本語で表示される貴重な存在。
正式な Validator ではありませんが、おそらく日本で一番利用されているHTML文法チェッカーだと思います。
W3Cの勧告内容にとどまらず、アクセシビリティやユーザビリティの範囲まで、HTMLの内容を詳細にチェックしてくれます。
100点を取るのは難しいですが、逆に必ずしも100点を取る必要の無い内容も含まれますので、ある程度HTMLの知識をお持ちで、修正すべき点、そうでない点を判断できる方に適していると思います。
逆に官公庁関連サイトの場合は、100点にこだわるのも良いのではないでしょうか。
Another HTML-lint gateway

ソフトウェア

Fujitsu WebInspector

JIS規格とFujitsu独自のアクセシビリティ基準に基づいて、Webサイトをチェックするツールです。
アクセシビリティをチェックするためのツールはあまりないのが現状ですので、貴重な存在です。
Fujitsu WebInspector

ブラウザ用プラグイン

Web Developer

FireFox 用のプラグインです。
CSSを適用せずにサイトを表示したり、画像を非表示にしたり、ブラウザのサイズを指定サイズに変更したり、さらに様々なオンラインツールでサイトをチェックできたりと、かなり高機能なプラグインです。
ウェブスタンダード準拠からユーザビリティ・アクセシビリティの確認作業まで、Web制作者なら必ず利用しているツールではないでしょうか。
Web Developer
Web Developer 日本語版 Infoaxiaさん提供

HTML Validator

FireFox 用のプラグインです。
現在ブラウズしているサイトのHTMLを随時文法チェックしてくれます。
また、ソースを表示するとエラー詳細も確認できます。
HTML Validator

Web Accessibility Toolbar

Internet Explorer 用のプラグインです。
FireFoxのWebDeveloperとほぼ同等のプラグインです。
Web Accessibility Toolbar
Web Accessibility Toolbar 日本語版 Infoaxiaさん提供

旧コメント

コメントはありません。

Google Partners
大阪府産業デザインセンター 扇町クリエイティブクラスター JAGDA 日本グラフィックデザイナー協会