デザインスタジオウェブログ
汽水域

汽水域

以前よく車椅子を押して犬の散歩に出かけていました。

WEDGは造幣局、帝国ホテルの近くにあるので、犬の散歩は大川沿いの公園に行きます。 浜下の公園といっていますが、天満橋の辺りから下りて、造幣局の横を通って帝国ホテルの辺りまで歩きます。 天満橋の下流辺りで川が逆流しているのに出合うことがあります。 天満橋の下辺りまで逆波だって上がってきた波が天満橋の下辺りで急に穏やかになって、寝屋川が流れ込む広い場所はまるで池のよう水面が凪いでいます。 冬には鴎や鴨がふわふわと浮かんでいたり、流されていたゴミが急に止まってしまったり、川の色んな表情がとても楽しいのです。 何時からか浜下につくと先ず川が逆流していないかを確認するようになりました。 こんな身近に地球の大きな動きの一端を垣間見る事ができるという楽しさでしょうか。 帝国ホテルの辺りで河岸を離れてしまうので、どの辺りまで流れが止まってしまうのか確認した事が無いのですが、上流は少しざわついているような気もします。 一度確認してみたい気もします。


--

旧コメント

コメントはありません。

Google Partners
大阪府産業デザインセンター 扇町クリエイティブクラスター JAGDA 日本グラフィックデザイナー協会