デザインスタジオウェブログ
教えてください。

教えてください。

 車椅子を押して歩いていると、いろいろな事を感じます。 車椅子はベビーバギーと違って、しかも電動なのでイスも重いし乗っている人も重いので、速度が出ていると急には止めにくく、ちょっと横にずらすとなると大変な力が要ったりします。 でも、人同士が歩いている、又はバギーと同じ様な感覚で歩いてこられる事が多いので、ぶつけたりはしないかと、とても力が入ってしまう事がよくあります。 何しろ相当な重量ですから、もろにぶつけたりしたら凶器です。 人通りの多いところでは、電動ではなく押していますが、結構ハラハラしながら歩いている事があります。

 エレベーターによく乗るのですが、ご好意でドアをおさえていて下さったり、待っていて下さったり、ボタンを押していて下さったりするのです。 でも、エレベーターのドアは意外と長い間開いていてくれるもので、ドアの周辺に人が出入りしていれば、結構開いていてくれるのです。 だからほっといてくだされば、ゆっくり出られるのに、焦ったり慌てたり、そしてありがとうございますといったり、とても申し訳ないのですが、「ほっといて下さい」と思ったりします。

ウェッジは障害者やお年寄り、色覚に問題を持っている方など、どんな方にも見やすいサイトを作りたいと思っています。 しかし、先に書いた車椅子の例のように、当事者とズレがあることはよくある事です。 ウェッジのサイトが如何なのか、ウェッジが制作したサイトが如何なのか、サイト一般にどういう事が云えるのか、どんな希望や要求があるのか、是非教えて頂きたいと思います。 何方でもWEB上で情報を集められるようにする為に、WEB標準準拠という枠組みの中でも、何が必要で、今何が欠けてるのか教えていただけたらうれしいです。

ご意見をお寄せ下さい。


--

旧コメント

コメントはありません。

大阪府産業デザインセンター 扇町クリエイティブクラスター JAGDA 日本グラフィックデザイナー協会